御朱印でめぐる坂東三十三観音巡礼はじめました。




坂東三十三観音霊場マップ

『坂東三十三観音霊場巡り』とは、鎌倉時代に始まった霊場巡りで、始まりから800余年に渡り、現在まで受け継がれている非常に歴史の深いものです。関東広域に点在する三十三ヶ所の霊場(札所)を巡り、御朱印をいただく参拝をはじめましたので、それについてのブログ投稿をはじめました。

上記は坂東三十三観音霊場マップです。すでに参拝したお寺の御朱印がご覧いただけます。


坂東三十三観音霊場とは

日頃から、神社仏閣巡りが好きで、あちらこちらの寺院にお詣りに行きますが、今まで札所めぐりをした事がありませんでした。

神社仏閣にいくと、『○○札所』という寺院をよく見かけましたが、それらが一体、どういうことなのかも良く知らなかったので、今回、改めて調べながら札所巡りというものをやってみようと始めてみました。

今回始めたのは、『坂東三十三観音めぐり』。
まずは、坂東三十三観音とは何なのか?について、少し調べた事をまとめてみます。

『坂東』とは、足柄山や箱根の坂の東一帯を指すそうです。そして、坂東三十三観音霊場とは、関東一帯に散らばっている観音様を御本尊とするお寺を集約したもので、これら三十三ヶ所の全行程を周ると1,300kmにも及びます。

お寺は、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県に点在しており、札所三十三箇所を巡る事で、『坂東三十三観音』巡礼を達成することができます。

さらに、この『坂東三十三観音霊場』と関西エリアの『西国三十三所観音霊場』『秩父三十四観音霊場』をあわせて、日本百観音霊場と言われ、古くから人々の生活に密着してきた巡礼です。

これら日本百観音霊場めぐりは奈良時代にはじめり、最初は西国三十三所観音からはじまったと言われていますが、その後、『坂東三十三観音』が鎌倉時代初期に成立したという説が定説のようです。よって、『坂東三十三観音巡礼』は約800年の歴史があるとされています。



坂東三十三観音とは

そして次は、『三十三』という数字についてです。

坂東三十三観音しかり、西国三十三所観音しかり。観音様の数を表す『三十三』という数字にも大きな意味が込められています。観世音菩薩は、様々な苦悩を救う際には、苦悩を持つ相手に合わせ、三十三の姿に変化して相手を救済すると言われています。三十三という数字は、この観世音菩薩が変化する姿の数です。

そもそも、観世音菩薩(観音様)とは、釈迦が悟りを開き如来になるまでの姿を表した仏様です。観世音菩薩という名匠の中には“悟りを開く者”という意味が含まれています。

そして観世音菩薩(観音様)は如来像とは異なり、きらびやかな装飾を身にまとい、悟りの智慧を得るための修行を行っています。

そのため、これら三十三ヶ所にいらっしゃる観音様は、修行にふさわしいお寺に鎮座しているため、『坂東三十三観音霊場』は険しく厳しい道をかきわけ巡礼するのが通常でした。現代では道路も交通機関も整備されていますので、ほとんどが楽に参拝はできるようになっていますが、昔は、あくまでも修行を通じ、個々の心のあり方を見つめ直すための巡礼だったようです。



鎌倉の武将に愛された三十三観音巡礼

上記で説明した通り、『坂東三十三観音巡礼』は鎌倉時代に成立した霊場巡礼です。この時代の、かの源頼朝公は観音信仰に厚かった事もあり、札所の各地で源頼朝公に関する諸説も見ることができます。

そして、鎌倉時代から800余年にわたり、札所は一つも欠ける事も追加されることもなく、今のいままで引き継がれています。

とても歴史の深い霊場巡礼であるということが言えます。



坂東三十三観音霊場

坂東三十三観音霊場の一覧はこちらです。関東広域に渡っていますので、近いお寺を少しまとめて参拝することが良さそうです。また、それぞれ拝観料なども異なりますので、個々のお寺を調べてから行くほうが良いようです。本ブログでも、参拝毎に詳しいお寺の様子を書いていきたいと思います。

第一番杉本寺神奈川県(鎌倉市)ブログ記事はこちら
第二番岩殿寺神奈川県(逗子市)
第三番安養院神奈川県(鎌倉市)
第四番長谷寺神奈川県(鎌倉市)
第五番勝福寺神奈川県(小田原市)ブログ記事はこちら
第六番長谷寺神奈川県(厚木市)ブログ記事はこちら
第七番光明寺神奈川県(平塚市)ブログ記事はこちら
第八番星谷寺神奈川県(座間市)ブログ記事はこちら
第九番慈光寺埼玉県ブログ記事はこちら
第十番正法寺埼玉県ブログ記事はこちら
第十一番安楽寺埼玉県
第十二番慈恩寺埼玉県
第十三番浅草寺東京都ブログ記事はこちら
第十四番弘明寺神奈川県(横浜市)ブログ記事はこちら
第十五番長谷寺群馬県
第十六番水澤寺群馬県ブログ記事はこちら
第十七番万願寺栃木県ブログ記事はこちら
第十八番中禅寺栃木県ブログ記事はこちら
第十九番大谷寺栃木県
第二十番西明寺栃木県
第二十一番日輪寺茨城県
第二十二番佐竹寺茨城県ブログ記事はこちら
第二十三番正福寺茨城県ブログ記事はこちら
第二十四番楽法寺茨城県ブログ記事はこちら
第二十五番大御堂茨城県ブログ記事はこちら
第二十六番清瀧寺茨城県ブログ記事はこちら
第二十七番円福寺千葉県ブログ記事はこちら
第二十八番龍正院千葉県ブログ記事はこちら
第二十九番千葉寺千葉県
第三十番高蔵寺千葉県(参拝済 準備中)
第三十一番笠森寺千葉県ブログ記事はこちら
第三十二番清水寺千葉県(参拝済 準備中)
第三十三番那古寺千葉県


参拝の方法

『坂東三十三観音』は霊場が33ヶ所ありますが、1番から順番に周る必要はなく、季節に合わせて周りやすいお寺から自由に周ってよいそうです。

しかし、最初(第1番札所)と最後(第33番札所)だけは、それぞれ最初と最後に訪れたほうがよく、そうすると、最初は発願印(ほつがんいん)を、最後は結願印がいただけますので、これだけは守った方がよさそうです。

また、『坂東三十三観音霊場』を巡りながら御朱印を頂く場合は、専用の御朱印帳がありますので、こちらを購入して周った方が良いようです。第一番札所である杉本寺でも購入できますので、最初のお詣りの時に買えば良いと思います。

また、それぞれのお寺の拝観時間は異なりますが、だいたい8時〜夕方5時までが多いようです。ただし、北関東は冬季の時間帯が異なる場合がありますので、夕方の時間は気をつけた方が良いです。

あと霊場での参拝方法ですが、大きく異なったルールはありません。手水舎で手を洗い、鐘を打っても良いお寺であれば鐘をならし、灯明や線香を灯し奉納します。これらの霊場には、必ず灯明とお線香が買えるようになっています。その後に合掌(読経できれば読経)し、最後に御朱印をいただきます。

それぞれの寺院は、見どころも多いので、それぞれの寺院を丁寧に観ながら周ると良いと思います。特に、坂東三十三観音は、霊場の札所めぐりとされていますので、比較的ご住職やお寺の方からお話を聞く事もできます。折角ですから、ご住職とお話されるのも有意義かと思います。

これから、参拝したお寺を一つひとつご紹介していきますので、ぜひ今後もお読みください。

参拝には下記の2冊の書籍が参考になりますので、ぜひご購入してみてください。

<参考>
・坂東巡礼 三十三観音と心の法話,坂東札所霊場会監修,電気情報社,2014
・御朱印でめぐる 関東の百寺 坂東三十三観音と古寺,ダイヤモンド社,2017