第十番札所 巌殿山 正法寺(巌殿観音)埼玉県

第十番札所である巌殿山 正法寺(しょうぼうじ)は、別名『岩殿観音』と呼ばれ、岩殿丘陵の東、標高135メートルの物見中腹にあるお寺。逸海上人により開山され、奈良時代(718年)に岩窟に観音様を安置したことが始まりとされている。 本堂・観音堂へと長い石段を登り参拝できる。岩場に並ぶように安置された仏様が見事な真言宗智山派のお寺である。 細く長い門前道を通り、正法寺の前までくると、やや広い専用駐車場が用 […]

第九番札所 都幾山 慈光寺(出流観音)埼玉県

第九番札所である都幾山(ときざん)慈光寺は、埼玉県にある天台宗のお寺。坂東三十三観音巡礼は、さとりに近づくための修行の巡礼であるため、決してアクセスよく立地の良い所にあるお寺ではないのだが、この慈光寺は、中でもかなり山深い所に静かに佇むお寺である。大通りから山道に入るのだが、車だと気にならないが、歩くとなるとかなりの距離。巡礼という言葉の似合う山寺とも言えよう。 目次 埼玉で最も古い寺 慈光寺 慈 […]

第十七番札所 出流山 満願寺(出流観音)栃木県

第十七番札所である出流山 満願寺は栃木県にある出流山にある真言宗智山派の寺院。もともと、日光は1,200年前に勝道上人によって開山されたのだが、その開祖である勝道上人は、この満願寺のある出流山に籠もり、4年間修行したのだという。そして、勝道上人は、観音様を奉安し満願寺と名付けた。これらの後に、中禅寺や輪王寺創設につながるのだから、この満願寺の歴史の奥深さが容易に理解出来る。 目次 日光よりも先に開 […]

第十八番札所 日光山 中禅寺(立木観音)日光

第十八番札所である日光山 中禅寺(ちゅうぜんじ)は、誰もが知る観光名所、奥日光中禅寺湖の真ん前にある寺院である。天台宗の寺院であり、このお寺は檀家が居ない。よって、観光および檀家以外の参拝者により成り立っている。中でも、風光明媚な中禅寺を眺められる五大堂と、根がついたまま彫られた『立木観音』が有名で、その知名度から、奥日光観光者は、必ず訪れる名寺とも言える。 目次 霧の中禅寺 十一面千手観音(立木 […]

第十四番札所 瑞應山 弘明寺(弘明寺観音)横浜

第十四番札所である瑞應山 弘明寺(ぐみょうじ)は、横浜市南区にある寺院。京浜急行線「弘明寺駅」と横浜市営地下鉄「弘明寺駅」をつなぐ門前は、様々な商店が立ち並ぶ弘明寺商店街になっていて、参拝客の目を楽しませている。弘明寺観音は高野山真言宗のお寺で、十一面観音が御本尊。拝観料300円を支払うと内陣まで入ることができ、間近で御本尊のお詣りができる。横浜では最古の寺であり、地元横浜の住民に古くから愛されて […]

第一番札所 大蔵山 杉本寺(杉本観音)鎌倉

第一番札所である杉本寺は鎌倉の入り口、御成町にあるお寺。朝比奈インターチェンジから鎌倉方面に山道を車で十分くらい走ると、県道204号線沿いにあり、鎌倉駅から歩くと25分程度かかる。鶴岡八幡宮や鎌倉駅から少し離れた所にあるお寺であるため、比較的静かな地域に厳かに佇む寺院という雰囲気で、すこぶる神々しい空気が流れている。 目次 杉本観音のいわれ 茅葺きの観音堂 杉本観音のいわれ 杉本寺は天台宗のお寺。 […]

御朱印でめぐる坂東三十三観音巡礼はじめました。

『坂東三十三観音霊場巡り』とは、鎌倉時代に始まった霊場巡りで、始まりから800余年に渡り、現在まで受け継がれている非常に歴史の深いものです。関東広域に点在する三十三ヶ所の霊場(札所)を巡り、御朱印をいただく参拝をはじめましたので、それについてのブログ投稿をはじめました。 《目次》 1.坂東三十三観音霊場とは 2.三十三観音とは 3.鎌倉の武将に愛された三十三観音巡礼 4.坂東三十三観音霊場 坂東三 […]