鎌倉 泉谷山浄光明寺(鎌倉十三仏)

鎌倉にある泉谷山 浄光明寺は、鶴岡八幡宮から歩いて10分くらいの所にあるお寺です。天皇家の菩提寺で有名な京都東山にある泉涌寺の末寺として準別格本山とされています。国の重要文化財である、阿弥陀三尊(阿弥陀如来坐像、観世音菩薩、勢至菩薩)が祀られています

鎌倉の岩窟不動尊は鎌倉で最も古い窟不動(窟堂:いわやどう)

岩窟不動尊は鎌倉で最も古い窟不動です。のご本尊は不動明王。いわれによると平安末期にお堂が祀られたようです。

もともとは、岩窟(やぐら)の中のお堂に不動明王が祀られていたようですが、徐々に、やぐらが崩落の危険が出てきてしまったために、不動明王像はやぐらから御堂に移されたそうです。また、岩窟(やぐら)の中にあった五輪塔や宝篋印塔、庚申塔も参道に並べ直されています。

花の天神様、亀戸天神社の菊まつり(亀戸天満宮)

今年の10月は、立て続けに大型台風が上陸し、大きな被害をもたらしました。週末ごとに強い雨風が降り、なかなかお出かけするタイミングがなかった、この1ヶ月。久しぶりのお天気ということで、東京の神社仏閣巡りに行ってきました。

第七番札所 金目山 光明寺(金目観音)神奈川県

光明寺

平塚にある金目山光明寺(金目観音)は、坂東三十三観音第七番札所。金目川の畔にある天台宗のお寺です。

金目川が注ぐ相模湾の浜辺で海女が海中から観音像を拾い、それを奉納したことが始まりとされ、この観音像は聖徳太子の作とされたそうです。

その後、行基が大きな観音像を刻み、その中に聖徳太子の観音像を納めました。このことから、「お腹ごもりの観音」とされています。

箱根 早雲寺と湯本富士屋ホテル、箱根・ルッカの森(バウムクーヘン)

箱根 早雲寺は北条氏ゆかりの菩提寺です。北条早雲・氏綱・氏康の帰依をうけ発展したお寺。北条家ゆかありの文化財などを多く所有するお寺と言われています。早雲寺は、箱根の湯本富士屋ホテルの近くにひっそりと佇むお寺です。とても静かな環境にあり、お庭がとても美しい。

御朱印のいただき方(初詣と御朱印/鎌倉 鶴岡八幡宮)

日頃から、多くの神社仏閣史跡巡りを楽しんでいる私ですが、今年から始めようと思っていることが一つあります。 それは、『ご朱印集め』。 ご朱印とは、参詣者がお経を書写して寺社に“お納め”する作法を簡略化したもので、お写経をお納めせずとも、参詣の証しとして“ご判”を頂くことができるものです。 本来であれば、お経を書写しなければならない所ですが、実にありがたい“ご判”です。 さらに、ご朱印は一つひとつ筆で […]