鎌倉十三仏霊場めぐり 〜最高の先祖供養〜


十王思想

神社仏閣めぐりの中でも、十三仏巡拝は『最高の先祖供養』と言われています。
全国各地で、十三仏霊場めぐりがありますが、鎌倉にも、『鎌倉十三仏霊場めぐり』という霊場巡拝があります。鎌倉三十三観音霊場巡拝と並んで有名な霊場めぐりで、古都鎌倉を楽しむ、もうひとつの霊場巡りです。

日本において『十三仏』という信仰は室町時代に生まれました。もともと『十三仏信仰』は、中国からきた十王思想を日本で発展させたもので、亡くなった方への追善供養の仏として浸透した日本独特の信仰です。

まずは、十三仏信仰の基本となった十王思想をおさらいしてみます。
十王思想とは中国で成立したもので、その背景にはインド思想・道教・儒教・マニ教などの民間信仰があると言われています。

一般的に、人が亡くなると初七日や四十九日、百ヶ日、一周忌などの忌日があるのは有名ですが、その忌日の背景にあるのが十王思想であり十三仏信仰です。

亡くなった方は、初七日から三回忌までの十回の忌日に、それぞれの十王の前で生前の様々な善悪の業についての審判をうけます。もしも、そこに悪業があれば、すべて暴かれ、苦しみをうけた後に、その後行ける世界が決まるというものです。ここでいう次の世界とは、地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上のいずれかで、仏教でいう六道輪廻です。

『地獄に落ちる』などと使う言葉は、ここでいう次の世界の事なので、私達の生活の中にも知らず知らずのうちに、これらの信仰が根付いている事が分かります。

下記が、故人が亡くなった後、初七日から三回忌までの十王思想です。本来であれば、下記の忌日ごとに故人の法要を行うのが正解ですが、昨今では、四十九日や一周忌など、節目のみの法要のみにする人がほとんどかと思います。

1初七日生前の善悪の業をすべて調べられる。
体を打たれながら殺生などの罪を調べられる
2二七日三途の川の前で罪の重さにより、
浅瀬、深淵、橋のいずれかを渡る。
3三七日邪淫の罪が審判される。
4四七日身口の七罪の量を記録する。
5五七日善悪の業を余す所なく映し出して記録する。
6六七日善悪について責められ
福あれば、さらに善をなすよう励まされる
7七七日四九日。次の世界が決定する。
地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上。
8百ヶ日鞭で打たれて傷つけられる。
功徳を積めば天堂をみることが出来る。
9一周忌法華経を書写し、阿弥陀如来像を造り
追善すれば苦を抜くことができる。
10三回忌常に三途の獄にあるとして
煩悩をこらしめて善に導く。
十王思想

十三仏信仰

日本では、このような十王思想が浸透すると、死後の審判は生きているうちに済ませるという信仰と、故人がこの審判を受けた時に、軽く済んでよりより世界に送りたいという信仰(追善供養)が作り出されます。

今、私達が故人の法要を行うのは、この追善供養の事ですね。改めて法要の重要さに気付かされます。

日本では十王思想が平安時代に伝わりました。鎌倉時代になると一般庶民まで仏教が広まり、十王は十仏の変化したものと、とらえられるようになりました。

また、室町時代には七回忌、十三回忌、三十三回忌の3つが追加され、日本における『十三仏』が完成したと言われているそうです。七回忌以降は、王が故人を断罪するのではなく、仏が直接引導してくださるとのことです。

よって十三仏は、各年の忌日の本尊とし、私達の生活の中に浸透し信仰されている巡拝です。

十三仏忌日十三王縁日
不動明王初七日秦広王1月16日
釈迦如来二七日初江王2月29日
文殊菩薩三七日宋帝王3月25日
普賢菩薩四七日五官王4月14日
地蔵菩薩五七日 35日閻魔王5月24日
弥勒菩薩六七日変成王6月15日
薬師如来七七日 49日泰山王7月8日
観世音菩薩百ヶ日平等王8月18日
勢至菩薩一周忌都市王9月23日
阿弥陀如来三回忌五道転輪王10月15日
阿閃如来七回忌蓮華王11月15日
大日如来十三回忌慈恩王11月28日
虚空蔵菩薩三十三回忌祇園王12月13日
十三仏と忌日
浄智寺の御朱印

鎌倉十三仏巡拝

これら十三仏を参拝することで、亡くなった方の追善供養となります。もちろん、参拝する本人にとっても、生前に追善供養を行ったという功徳が積まれるので、死後の十三の王からの審判から救済されるとされています。

鎌倉では、下記の十三箇所のお寺にある十三仏を巡拝することができ、これを鎌倉十三仏巡拝といいます。

番号寺院十三仏ブログ
一番札所明王院不動明王準備中
二番札所浄妙寺釈迦如来準備中
三番札所本覚寺文殊菩薩準備中
四番札所寿福寺普賢菩薩準備中
五番札所円応寺地蔵菩薩準備中
六番札所浄智寺弥勒菩薩準備中
七番札所海蔵寺薬師如来準備中
八番札所報国寺観世音菩薩準備中
九番札所浄光明寺勢至菩薩準備中
十番札所来迎寺阿弥陀如来準備中
十一番札所覚園寺阿閃如来準備中
十二番札所極楽寺大日如来準備中
十三番札所成就院虚空蔵菩薩準備中
鎌倉十三仏

鎌倉十三仏巡拝では、専用の御朱印帳を持って十三仏専用の御朱印をいただくことが可能です。さらには、『念珠玉巡拝』といって、それぞれの霊場で1つの念珠玉を購入して、13個たまった時点で、一つの腕輪型念珠を作成することができる巡拝方法もあります。

今回、鎌倉十三仏を始めるにあたり、専用の御朱印と念珠玉の二つを購入しました。十三箇所周ったのちに、腕輪念珠ができるのを楽しみに、ゆっくり参拝していきたいと思っています。


鎌倉十三仏マップ

鎌倉十三仏の御朱印帳
腕輪念珠セット
浄智寺の念珠