鎌倉の岩窟不動尊は鎌倉で最も古い窟不動(窟堂:いわやどう)

岩窟不動尊は鎌倉で最も古い窟不動です。のご本尊は不動明王。いわれによると平安末期にお堂が祀られたようです。

もともとは、岩窟(やぐら)の中のお堂に不動明王が祀られていたようですが、徐々に、やぐらが崩落の危険が出てきてしまったために、不動明王像はやぐらから御堂に移されたそうです。また、岩窟(やぐら)の中にあった五輪塔や宝篋印塔、庚申塔も参道に並べ直されています。