月夜野びーどろパークでガラス工場見学とガラス細工体験〜群馬県みなかみ町〜


ガラスのテーマパーク

先日書いたブログ記事『里山テーマパーク たくみの里で手作り体験 〜群馬県みなかみ町〜』の旅行記の続き。同じ群馬県みなかみ町にある遊びスポット、『月夜野びーどろパーク』の旅行記をまとめておきたいと思います。

群馬県みなかみ町にある月夜野びーどろパークは、上越クリスタル硝子が運営するガラスのテーマパークです。現在、月夜野エリアの観光スポットの柱になっていて、ガラス工場見学(無料)やグラスアート美術館、ガラス体験工房、 ガラスショップなどがあり、大人も子供も楽しめるテーマパークです。

また、月夜野びーどろパーク内にあるレストランでは、地ビールであるクラフトビール飲み比べなど、大人も十分楽しめますのでおすすめです。

まずは、車を停めてガラス工場見学エリアへと移動。月夜野びーどろパークでは、無料でガラス工場の見学が可能です。月夜野びーどろパークを運営する上越クリスタル硝子は、日本トップクラスのガラス職人をもつ企業。目の前でガラスを作る職人の姿を見学することができます。

こちらが、ガラス工場。見学無料ですので時間内であれば自由に中に入って見学可能です。

見学について
料金無料
見学時間8:05~16:50(休憩時間有り)
休業日営業日案内

パーク内には、あちらこちらに沢山のガラス細工があり、カラフルな装飾が施されています。サラサラと流れる小川も気持ちよく、涼やかな空間。標高が少し高いのか、若干、涼しい。


ガラス工場見学

工場に入ると広いスペースに沢山の釜が並んでいました。もちろん、釜の中は灼熱の炎。ただでさえ暑い夏。それに輪をかけるように灼熱の炎の近くで、沢山の職人さんがガラス作りに取り組んでいる姿にプロフェッショナルさを感じます。

こちらのYouTube動画で、職人さんの作業風景がご覧いただけます。

奥に見えるのがルツボ式連携釜。この炉は、一度火が点火されると工場がお休みの間でも炎が燃え続けているそうです。炉の温度は1400℃以上。いったん消火してしまうと、1400℃まで再び戻すのに1週間あまりもかかるからです。

ガラスの原料を、このルツボで溶かしていきます。

こちらの動画では、一連のガラスの成型作業の工程がご覧いただけます。工場見学では、遠目ではありますが、これらの成型作業を見学することができます。

また、この工場内では『吹きガラス体験』も可能。小学生以上であれば誰でも体験ができます。ベテランガラス職人と一緒に、1400度のドロドロに溶けたガラスを吹き竿でガラスに息を吹き込み 形を整えます。自分だけのオリジナルグラスを作ることができます。

有料で吹きガラス体験ができますので、ご興味ある方は是非体験してみてください。


ガラス製品のショッピングも充実

また、月夜野びーどろパーク内には、ガラス製品を購入できる大きなショップがあります。ガラス工場が運営するショップだけに、しっかりしたガラス製品がお手頃価格で購入できます。

ガラス工場内にはアウトレット品がさらにお安い価格で購入できるようになっていました。普段遣いのガラス製品選びからギフト用まで、様々なデザインのガラス製品が買えますので、見ているだけで楽しい!


オリジナルアクセサリー作り

また、月夜野びーどろパーク内には、大人から子供まで体験できるアクセサリー作りコーナーがあります。サンドブラスト、絵付け、オルゴール、ホットワーク、ステンドグラス、カラーサンドキャンドルなどが作れます。

サンドブラスト

細かな砂をガラスの表面に吹き付けることでガラスは曇りガラスになります。 様々な型をつかって、透明ガラスと曇りガラスのコントラストを楽しみながらガラス製品を作る体験です。1,430円〜。

絵付け

グラスに絵の具で好きなイラストや文字を描き電気炉で焼き付けてもらい、オリジナルグラスを作る事ができます。手作りギフトなどにもピッタリ!1,430円〜。

オルゴール

ガラスのオルゴールに好きなアクセサリーをトッピングしてオリジナルのガラスのオルゴールを作る事ができます。ガラスのオルゴールは澄んだ音色を奏でるそうです。2,200円〜。

ホットワーク

透明な板ガラスの上に絵の具でさまざまな絵柄を描くことが可能です。キーホルダーやネックレスなどを作る事ができます。オリジナルアクセサリーだけでなく、壁絵などの本格的な芸術作品にも挑戦できます。1,980円〜。

実際に、キーホルダーを作る体験はこちら。筆と絵の具を使ってガラス板に絵を描いていきます。小学生から体験可能です。

キーホルダーであれば、小一時間程度で焼付が完了するので、焼き付けている間は食事をするなどして時間をつぶせば、当日お持ち帰りが可能です。


地元のクラフトビール飲み比べ

ガラスにお絵かきしたキーホルダーが焼き上がるまで、パーク内にあるレストランでランチを食べることに。地ビールレストラン ドブリーデンはこちら。

こちらのレストランでは、カレーやパスタなどの洋食からお蕎麦などが食べられます。月夜野びーどろパークらしく、食器として使われているガラス類がとてもおしゃれ。そば猪口も素敵なガラスでできていました。

お蕎麦も美味しい。

また、地元のオリジナルクラフトビールの飲み比べもできました。おいしい水と豊かな自然に恵まれた月夜野で生まれた麦芽100%の地ビールです。私は、フルーティな味のする軽いクラフトビールがお好みでした。この飲み比べは、本当におすすめです!

美しい自然の中で、ガラス製品に触れながらゆったりとした時間を過ごすことができます。月夜野にきたら、ぜひ月夜野びーどろパークにお立ち寄りください。