下田 ペリーロード 黒船来航と日本開港の記録の街を歩く

静岡県の下田は、日本ではじめて外国人が自由に通りを歩けるようになった街です。日米修好通商条約の締結により港の開港の表舞台は、横浜や神戸などに移りましたが、ペリー提督が黒船で来航してから明治維新までの間は、この地、下田が開港の拠点だったことから、新しい歴史の幕開けとしての独特のノスタルジーを感じられます。

富士山を望む、白糸の滝は外国人観光客でいっぱい

先日、静岡県富士宮市観光の折に、富士山本宮浅間大社に参拝した記事をブログにまとめました。この日は、富士山本宮浅間大社の後に、同じ富士宮市上井出にある『白糸の滝』も訪れましたので、こちらについても本ブログに書いてみたいと思います。 富士宮市にある『白糸の滝』は、幅150mに渡って湾曲した絶壁の全面に流れる滝です。白く細く流れ落ちる滝のため、その名の通り『白糸の滝』と名付けられました。国の名勝及び天然 […]

富士山をのぞむ、富士山本宮浅間大社と透明な湧玉池

観光しやすい季節です。先週末も、ちょっと遠出(静岡県)をして、美しい景色を見に行ってきました。今回訪れたのは富士宮市。富士宮やきそばが有名な富士宮市です。 こちらの街は、その名の通り『富士山』のお膝元。眼の前に、雄大な富士山がそびえ立つ街です。今回は富士宮市の有名な神社です、富士山本宮浅間大社でお詣りをしてきましたのでブログにまとめてみます。 富士山本宮浅間大社 富士山本宮浅間大社は富士宮駅から徒 […]

特別史跡 登呂遺跡(静岡県)〜弥生時代の竪穴住居群〜

先日、静岡県にある弥生時代の竪穴住居群、特別史跡 登呂遺跡に行ってきました。登呂遺跡は、弥生時代の集落・水田遺跡で、全国的に有名な史跡です。 登呂遺跡は、日本が戦時中だった昭和18年の軍事工場建設の際発見され、現在は、登呂公園として整備されています。公園の敷地内には、当時の竪穴住居などが復元され、また、同じ敷地に静岡市立登呂博物館が建てられています。(静岡県指定文化財に指定されています。) 『登呂 […]

久能山東照宮 〜夕暮れの海を一望できる、徳川家康公を祀る神社〜

人の一生は重荷を負て遠き道をゆくが如し、急ぐべからず。 不自由を常と思へば不足なし。 心にのぞみおこらば、困窮したる時を思ひ出すべし。 堪忍は無事長久の基。 怒は敵と思へ。 勝つことばかり知りて負くる事をしらざれば害その身に至る。 己を責めて人をせむるな。 及ばざるは過ぎたるよりまされり。 (家康)   先日は静岡県の久能山東照宮にお詣りに行ってきました。久能山東照宮は、今回で2回目。随 […]

静岡県三島市にある三嶋大社に参拝(静岡県)

柿田川湧水群、SKYWALKに続き、三島観光の旅レポです。 三島市の有名な神社、三嶋大社にも立ち寄ってみました。 三島大社の御祭神は下記の通り。 御祭神 大山祇命[おおやまつみのみこと]、積羽八重事代主神[つみはやえことしろぬしのかみ]、御二柱の神を総じて三嶋大明神[みしまだいみょうじん]と称しています。 大山祇命は山森農産の守護神、また事代主神は俗に恵比寿様とも称され、福徳の神として商・工・漁業 […]

三島大吊橋 SKYWALK

先日書いたブログ『柿田川湧水群』に続き、静岡県の三島観光の記録です。 同じ日に箱根西麓にある大吊橋『SKYWALK』にも寄ってみました。 SKYWALKは三島市笹原新田にある大吊橋で全長400m。(※1) この長さは、歩行者専用吊り橋としては日本最長なんだそうです。正式名称は『箱根西麓・三島大吊橋』。箱根の西側である西麓を観光名所にしたいという意味が込められているんだとか。 ※1:全長400m,高 […]

風の岬 石廊崎と石室神社とご朱印

石廊崎には断崖絶壁の中腹に建てられた幻想的な石室神社と、岩場に熊野神社の祠が設置されています。縁結びの神様として有名です。真っ白な石廊崎灯台を通りぬけ、伊豆の美しい海を見ながら歩く参道からは、日暮れころには見事な夕陽が観られます。

浜名湖のぞむ舘山寺(かんざんじ)と鰻

先日のブログに書いた“小國神社”の参拝のあと、同じ静岡県にある舘山寺(かんざんじ)にも立ち寄ってみましたので、今日のブログではこちらのお寺の紹介もしてみたいと思います。   館山(たてやま)に開かれたお寺 舘山寺(かんざんじ)は、正式名称を“曹洞宗 秋葉山 舘山寺”。 舘山寺(かんざんじ)という寺号は、舘山(たてやま)に開かれた寺であることから、“舘山の寺”という意味で名付けられたものだ […]

小國神社 水面の紅葉(静岡県)

先日、静岡県の遠江国一宮小國神社にお参りに行ってきました。 この時期は、神社の脇を流れる清流宮川ほとりの木々が紅葉で赤く色づき、誠に美しい神社です。   遠江国一宮小國神社は、静岡県の西部である遠州地方にあります。一車線の山道をうねうねと登ると、静かな空間に神社が鎮座しています。山間の道には、所々に『混雑時は、ここから60分』という立て看板が立てかけられていました。 初詣でも有名だそうで […]