伊豆ぐらんぱる公園でゆるゆる遊び(子どもの遊び,大人の遊び)



三連休で伊豆へ

先週は、9月の頭に上陸した台風のせいでしょうか、9月もまだ中頃ですが、夏の暑さもやわらぎ心地よい週末でした。そこで、先週の3連休は伊豆観光へとでかけてきました。

神奈川県在住なので『伊豆半島はすぐそこ!』と思いきや、熱海から伊豆半島は渋滞も多く、なかなか重い腰をあげられないエリアの一つです。最近では、熱海観光も盛り上がってきているようで、車での観光は熱海方面の国道はなお一層混雑します。久しぶりに伊豆半島で遊んできたのでブログにまとめたいと思います。

伊豆半島は、国道135号線沿いに海が広がりドライブには最適です。お天気の良い日は、青い海がえんえんと続くのでとても気持ち良いです。下記が国道135号線沿いの伊豆の海の動画(vlog)です。どうぞ御覧ください。

【Vlog.10】国道135号線沿いの伊豆の海

伊豆は比較的温暖な気候のお土地柄。冬場観光しても、結構ひだまりが暖かかったりしますよね。大好きなエリアです。


伊豆太郎(回転寿司)

しかし、この日は連休ということもあり伊豆までの道路が所々渋滞!

朝9時に横浜をでたのに、お昼ごはんを食べるタイミングを逸し、川奈あたりまで来てしまいました。お昼が食べられそうなお店を物色。

国道沿いにある回転寿司のお店『伊豆太郎』を発見。

お昼どきを過ぎていたので比較的空いていそうだったので、伊豆太郎(回転寿司)で遅めのランチを。店内はそんなに広くないですが待ち時間なしで食べられました。

伊豆太郎は『伊東魚市場』の仲買人のお店で、地元のおいしい魚介類のお寿司がリーズナブルな価格で食べられます。熱海と伊東の道の駅と川奈にあるお店です。

産地直送なので、めちゃめちゃ美味しかったです。

伊豆太郎
伊豆太郎(川奈店)
伊豆太郎 中トロ
伊豆太郎 中トロ

伊豆ぐらんぱる公園(入場券)

横浜から4〜5時間もかかって、ようやく伊豆ぐらんぱる公園に到着。(汗)入り口で入場券を購入します。(クレジットカード使えないので要注意)

入場料金はお安めですが、中のアトラクションごとにお金がかかりますので『お得な乗り物回数券』を買ったほうが良いです。もちろん、パーク内でも回数券は買えますので慌てなくても大丈夫。

<料金表>
大人(中学生以上) 1,200円
小学生 600円
幼児(4歳以上)400円
<お得な乗り物回数券>
10枚綴り(200円お得)1,800円(2,000円分)
15枚綴り(400円お得)2,600円(3,000円分)

入場券を購入して早速パーク内へ。

伊豆ぐらんぱる公園内は広々としていて大きな混雑もなく過ごしやすい感じです。乗り物に乗るのに何時間も待つという事もなく小さな子どもでもノビノビ遊べます。

小学生の子どもが遊べるゾーンと幼児が遊べるゾーンがバランスよく用意されているのと、休めるスペースが多いので保護者も楽ですね。ただ、日陰が少ないので真夏はきついかもしれません。

有料のアトラクションだけでなく、無料の遊び場もあって便利です。

まずは、ウォーターランドのあるエリアへ。
屋外プールのある『ウォーターランドぷるぷる』があります。ウォーターランドぷるぷるは、夏場はプールで遊べるようになっていますが、夏季限定なので9月に入るとプール遊びはできないようになっていました。

ただ、伊豆ぐらんぱる公園といえば『ウォーターバルーン』です。バルーンに入って水面を歩くアトラクションがあります。これは大人も子どもも楽しめます。私は狭いところ苦手なんで無理ですけど。伊豆ぐらんぱる公園の名物ですよね。

ウォーターランドのウォーターバルーン

「ウォーターバルーン(直径2メートル)」は定員2名まで、「ビックウォーターバルーン(直径3メートル)」は定員4名。3歳以上(未就学児保護者同伴)、180kgまでです。約5分間単位で遊べます。

ウォーターバルーン動画

船型立体迷路〜KAiZOKU〜

ウォーターランドのエリアには立体迷路もあります。高さ11.4m、幅10m、長さ30mの木製の船の型の迷路です。4歳以上から有料で幼児は保護者同伴です。迷路の中で文字を集めて一つの言葉にするミッションをクリアする迷路です。

所要時間は約25分とありましたが、それよりももっと時間がかかったような….。

立体迷路
船型立体迷路〜KAiZOKU〜

この迷路『船型立体迷路〜KAiZOKU〜』の隣には、モーターランドもあります。セグウェイのような小型の乗り物に乗りサーキットを周遊できます。ここは身長制限があるので小学生低学年は乗れないです。ご注意を。


バトルキング

そしてこちらは『バトルキング』。人間が乗れる対戦型ロボットです。約5分間、ロボットにのって相手の的(まと)にレーザーをあてるバトルを体験できます。小学生未満は保護者同伴です。小学校低学年であれば一人で乗れます。

対戦中は係の人が見ててくれますので安全です。

このエリアには、他に無料で遊べるトランポリンもあり、ここは幼児も遊べて安全です。また射的やヨーヨー釣りなどができる縁日コーナーもあります。(縁日コーナーは有料)

縁日コーナー
トランポリン(無料)

Dino Age Kart(ゴーカート)

次に、『のりものと太陽の広場』へと移動。このエリアではゴーカートや遊園地的な小ぶりな乗り物が楽します。小学生が楽しみやすいアトラクションが揃っています。

伊豆ぐらんぱる公園は、伊豆のローカルな遊園地のようなイメージですが、小さな子供から小学生の子供が楽しめるコーナーが多いのが特徴的だと思います。もちろん、大人も十分楽しめます。

『のりものと太陽の広場』

『のりものと太陽の広場』ではDino Age Kart(ディノエイジカート)が目玉です。動く恐竜のいるサーキット内をゴーカートにのって周遊できます。ゴーカートに乗らない人も、歩いてサーキット内を周れます。(ディノエイジウォーク)近くで動く恐竜が見られますので、ちょっと楽しいですよ。カップルが結構いましたね。

運転者は身長135㎝以上です。幼児は保護者同伴。

Dino Age Kart
Dino Age Kart
Dino Age Kart

アトラクション

『のりものと太陽の広場』にあるアトラクションは、比較的小さな子どもも乗れるアトラクションが多いです。ファミリースイングやキッズコースターなど、3〜4歳から乗れるアトラクションが多いのでいいですね。

絶叫系ではないので大人は少し物足りないかもしれませんが….。私はコースター系全般ダメなのでいいですけど。

ファミリースイング
キッズコースター
リバーアイランド
恐竜の遊具

中でも、この『トップスィンガー』は地味だけどちょっと楽しいです。巨大なブランコをこいで、1回転させるものです。漕ぐ力が足りないと、なかなか1回転できないので体力のある方は挑戦してみてください。

私は高いところから落ちてくる乗り物は苦手なので無理。(キッパリ)

トップスィンガー
無料遊具

こちらは無料のボルダリング。

ボルダリング

イージーライダー

こちらはイージーライダーです。セグウェイのような自動二輪の乗り物にのってコースを周遊することができます。時間は約5分間。小学生であれば悠々体験できます。

そんなに早いスピードがでませんので安全ですし、走る・止まる・曲がるは、数分のレクチャーで習得できます。大人より子供の方が上手かもしれません。係の人が乗り方をていねいに教えて下さいます。

イージーライダー

コースを周遊開始。まずは直線からスタート。

カーブは体重移動で周ります。体を前に倒したり、後ろに倒したりするのがアクセルとブレーキです。

この乗り物は、『インモーション』という商品で販売されているそうです。子供が欲しがりそうですよね。

伊豆ぐらんぱる公園は閉館が5時です。入ったのが午後1時過ぎだったので、4時間程度の滞在でしたが、十分満喫できました。

無料の遊具などを考えても、もっともっと遊べる所が沢山あります。何度来ても楽しめる公園だと思います。心地よい季節は特に気持ちがいいですよ。ぜひ、お越しください。

お土産屋さん
見どころまとめ