まかないはんぺんメンチバーガー




この3連休に静岡県の沼津漁港に、お魚やカニなどを買いにでかけました。

何度か沼津漁港には来ていますが、前々から気になっていたものの
まだ入ったことの無かった”はんぺん屋”さんに立ち寄ってみました。

港の揚げ はんぺん屋さん

写真2

 

はんぺんといっても、いわゆるホワホワしたはんぺんではなく、
いわゆるさつま揚げの事だそうで、
沼津ではさつま揚げの事を”はんぺん”と呼ぶのだそうです。

ほんの数坪の狭いお店ですが、黒くレトロな店構えは
女性受けしそうな内装になっていて、とても目立ちます。

写真1

ただのさつま揚げ屋さんだったら、あまり気にならなかったかもしれません。

レトロで可愛い店構えと”はんぺん”という文字にひかれて、
お店に入ってみました。

数種類のさつま揚げが、店内に並んでいますが、
なによりも、揚げたてのお揚げが食べられるとのことで、
早速、”まかないはんぺんメンチバーガー”というものをオーダー。

オーダーをいただいてから揚げてくれるそうで、
出来上がりに、5〜6分かかります、と告げられました。

そして、待つこと5分。

できたての”まかないはんぺんメンチバーガー”の出来上がりです。

写真

 



メンチカツ風のお揚げがサンドされたバーガー。

これで、実は200円。

とても安いです!

 

サイズは小さめなので、ランチに食べるというより、
ちょっと小腹が空いた時に食べるという感覚でしょうか。

 

やわらかいパンに、メンチカツ風のお揚げが絶妙にマッチします。
中身は魚のすり身だと思うのですが、みじん切りにされた野菜も
タップリ入っていて、シャキシャキ感も楽しめます。

お魚なのに、まるでお肉のような風味ですが、
お肉よりもさっぱりしていて後味も絶品です。

なにより、出来たてということもあり、
素材の風味と歯ごたえも、満足感が高い気がしました。

さつま揚げといったら=おでん。

そんな稚拙なイメージしか無かった私ですが、
このバーガーでは、視点の奥行きを深く感じました。

ただのさつま揚げとするよりも、
こういった新食感のバーガーにすることと、
内装や外装をレトロでおしゃれなイメージにすることで、
若い女性の注目を集めます。

 

現に、お店の前では沢山の女の子が
揚げたてのさつま揚げを食べあるき感覚で食べていました。

 

なかなか、センスのある物売りだな、と感じました。