桜をおいかけて長野(鷹狩山展望台・仁科神明宮・松本城)

※忙しくてお花見もできなかった今年。桜を追いかけるように、先週末長野に行って来ました。 その旅の記録です。   鷹狩山展望台(長野県大町市)   長野県安曇野周辺は、都心よりちょっとだけ春が遅い。 日差しは強いものの、ひんやりとした風が私の頬をなでながら通り過ぎて、ゆっくり開いた桜が満開だった。   申し合わせたように桜のたもとに咲く菜の花。 緑と黄色とベビーピンクの […]

暗闇で見えたもの

善光寺@長野 長野の善光寺に「お戒壇巡り」というものがある。 先日、初めて善光寺に行ったとき、 せっかくなので、「お戒壇巡り』をしてみた。 お戒壇めぐり、とは、 善光寺のご本尊が安置されている瑠璃檀下の 真っ暗な回廊を通り、極楽の錠前を探り当てて、 極仏のご本尊と結縁する道場だ。 小さな階段を数段下ると そこからは、暗闇になる。 だから、右手で腰の高さの壁を伝って進む。 暗闇とは、どんなものか想像 […]

使われなかった地下壕(松代象山地下壕)

終戦の日の前日。 長野にある松代象山地下壕を訪れて 感じたエッセイです。 松代象山地下壕(長野松代町) バサバサッ、バサバサッ、と コウモリが私の頭上を威嚇するように飛んでいく。 まるで、私の行く手をはばみ、 挑戦しているかのようだ。 その度に、私は、体をかがめて顔を覆う。 ここは、長野県の松城町にある「松代象山地下壕」。 太平洋戦争末期に、軍部が本土決戦最後の拠点として 極秘のうちに、大本営、政 […]