映画『岬の兄妹』レビュー 〜主演女優 和田光沙さんに最大級のリスペクト〜

↓↓↓Amazonですぐ観られます↓↓↓ 価値観を変える映画 映画を見終わって映画館を出た瞬間に、目に入る風景が茶番に見える作品に出会うことがある。数時間前の自分の価値観が微妙にゆがんでみえ、現実と虚構の区別がつかなくなるような錯覚である。 普段の生活では目に触れない、接することのない世界の物語を目の前に突きつけられた瞬間に、それまでの自分の価値観は役に立たない、無駄なもののように感じ、虚脱感に見 […]

2番じゃだめなんですか? 〜映画『ファースト・マン』〜人類史上初めて月面着陸した船長の素顔 

デイミアン・チャゼル監督最新作、『ファースト・マン』 先日、デイミアン・チャゼル監督の最新作、『ファースト・マン』をIMAXで観賞してきた。 デイミアン・チャゼル監督の映画の好きなところは、物語に音楽が溢れ出す質感を感じるところだ。 過去作の「セッション」も「ラ・ラ・ランド」も、ジャズへの深い愛情をもつ監督ならではの世界観が、スクリーンとスピーカーを通じ、観ているこちら側のハートに響き渡る。 今回 […]

どんな国で生きていきたいか?個々が考えるための時代の参考書 〜映画 マイケル・ムーアの世界侵略のススメ〜

『井の中の蛙大海を知らず。』 という言葉があるように、 私達は、その中で暮らしていると[当たり前]という呪縛に縛られていることすら気づかない。 当たり前のように税金を払い、当たり前のように学校に行く、当たり前のように満員電車にゆられ、当たり前のように疲れた月曜日を迎える。 20代前半で仕事を始め、結婚、出産、子育て、ついには介護。特に女性は、自分の事よりも人生の大半を他人(家族)の事ばかり考えて過 […]

映画『ROMA/ローマ』〜激動のメキシコで生きる女性の物語〜

ローマ/ROMA

カンヌ映画祭には出なかったが、極めてカンヌっぽい作品 Netflixオリジナル映画というには、そのクオリティは飛び抜けて素晴らしい。劇場公開しなかったから、カンヌ映画祭にはノミネートされなかったというが、きっとカンヌに出ていたら最高賞を受賞したに違いない。 色々調べてみたら、劇場公開しなかった理由は、『俳優も無名で、全編とおしてスペイン語の映画なので興行的に苦戦するだろう。だからNetflixと組 […]

【映画】ロマンス 〜肩の力が抜けていくぬるさが最高のロマンス〜

↓↓↓Amazonですぐ観られます↓↓↓ 『オンナゴコロ』は『女』が描くのに限る もうすぐ、バレンタインデーですね。毎年、バレンタインデーが近づくと、おすすめのラブ・ストーリーを紹介しているのですが、今回は、最近見直した、タナダユキ監督の『ロマンス』についてレビューしたいと思います。 最近、とても日本の女性映画監督の活躍がめざましいですね。もちろん、そう感じるのは一部の映画ファンだけかもしれません […]

“きみの鳥はうたえる”『佐知子』と、“寝ても覚めても”『朝子』に見る女性の魔力と魅力

『きみの鳥はうたえる』のヒロイン佐知子と、『寝ても覚めても』の朝子の女性の魔力についてレビューしました。タイプの異なる二人の女性が映し出されていますが、その中身は、普遍的な女性魅力と毒。そして、それが無性に魅力的でありつつ、普通の女性が投影できる身近な主人公であるので、心底、共感しやすいと思います。