第二十五番札所 筑波山 大御堂 茨城県

第二十五番札所 筑波山 大御堂は、茨城県にある筑波山神社の隣にある札所です。782年に徳一法師により開山され、その後、弘法大師が入山し、真言密教の霊場となりました。もともとは、筑波山神社にご本堂があったようですが、神仏分離令により筑波山神社と切り離されました。 御本尊は千手観音菩薩像。 昭和13年の豪雨でお堂が崩壊したにもかかわらず、観音さまはご無事であったということから、交通安全や開運の仏様とし … 続きを読む 第二十五番札所 筑波山 大御堂 茨城県