台湾南部地震の義援金





2016年2月6日未明に、台湾南部でマグニチュード(M)6.4の地震がおき、台湾では大きな被害に見舞われています。

つきましては、2011年3月11日の東日本大震災の復興支援で販売してきた缶バッジの売上から、一部義援金として台湾にお送りいたします。

(缶バッジについてはこちら

当プロジェクトが主に支援してきた宮城県南三陸町では、5年前の震災のあと台湾から支援が相次ぎ、去年12月に再建され開業した公立病院の建設に、台湾から20億円を超える義援金が寄せられました。

 

よって、当プロジェクトで集めたお金の一部を、今回の地震被害の義援金とさせていただきます。全国の皆様の善意で集まったお金ですので、大切に使わせていただきます。