さくら並木ネットワーク




さくら並木ネットワークとは?

先日、幕張メッセで開催された、ウェザーニュース主催の『そら博 2015』というイベントで、“さくら並木ネットワーク”というプロジェクトを知りました。

さくら並木ネットワーク”は、2011年3月11日に起きた東日本大震災で甚大な津波被害のあったエリアに、桜の木を植えようというプロジェクトです。

非営利活動法人(NPO法人)さくら並木ネットワークが活動しています。

プロジェクトの趣旨はこう、

100年に一度訪れるといわれる三陸沖地震。
それに備えるよう、寿命が100年と言われる桜の木を、津波到達地点に植樹し、2011年の津波到達地点を次世代に伝え続けていこうという活動です。

植樹されるエリアは、北は岩手県田老町が出発点とし、南は福島県の南相馬市までの沿岸です。

 

桜の木を植えることにより、津波が起こった際には、『この地点よりも上に避難する』という目印にもなります。

同法人は、『もうこれ以上、津波により悲しい想いをしなければならない人を増やしたくない。二月場所を分かりやすい形で伝承したい。』という思いから、“さくら並木ネットワーク”を立ち上げました。

 

2015年の現在まで、参加した人々の協力で約3,400本の植樹をすることができたそうです。

 

ちょうど、そら博のブースでは、オリジナルバンダナを100円で販売していて、このバンダナを購入することで、桜の木植樹の寄付になるということでしたので、何枚か購入してきました。

img_4369

img_4370

p1012946



植樹実績

2015年の現在時点の植樹実績は下記の通りです。

◎岩手県

宮古市       92本
下閉伊郡山田町   957本
下閉伊郡大槌町   59本
釜石市       41本
大船渡市      33本
陸前高田市     114本

◎宮城県

気仙沼市      187本
本吉郡南三陸町   673本
石巻市       320本
東松島市      127本
宮城郡七ヶ浜町   27本
多賀城市      6本
仙台市       314本
名取市       10本
亘理郡亘理町    300本
亘理郡山元町    25本

◎福島県

相馬郡新地町    3本
相馬市       22本
南相馬市      82本

合計 3,392本

 

支援の仕方

さくら並木ネットワークの支援の仕方は、主に2つあるようです。詳しくはWEBサイトを御覧ください。

 

◎賛助会員

 

名称: さくら並木ネットワーク賛助会員
会費: ●個人会員 1口 2,000円・法人会員 1口 20,000円
●お一人様(1団体)何口でもお申込みいただけます。
有効期限: 入会日より1年間
ご入金方法: 銀行振込

 

◎桜基金

桜基金は下記の3つのタイプ。

  • 桜基金A 1本 10000円
  • 桜基金B 1本 20000円(桜の木にお名前をお付けします)
  • 桜基金C 特別桜基金

[notification type=”notification_info” ]特定非営利活動法人 さくら並木ネットワーク
〒156-0055 東京都世田谷区船橋 6-9-11 第3YMTビル 2F
TEL:03-3329-3987/FAX:03-3329-3387
URL:http://sakuranamiki.jpn.org/
e-mail:info@sakuranamiki.jpn.org[/notification]