南三陸バレーボールスポーツ少年団




昨年おきた東日本大震災から、もうすぐ1年5ヶ月です。

 

私は、南三陸町で被災されたお母さん方が作る
震災復興支援グッズの販売のお手伝いを通して、
復旧・復興の足音を少しずつ聞いています。

随分、復旧が進み、復興へ歩み始めている所もあれば
まだまだ支援やボランティアが必要な所もあるようで
現地の方々の声を聞きながら、私も応援を続けて
行きたいと思っています。

 

そんな中、最近、一緒に南三陸町支援をしている仲間が
南三陸町で被災した子ども達を応援するプロジェクトを立ち上げました。

「南三陸バレーボールスポーツ少年団」の私設応援団です。

 

許可をいただきお写真をお借りしてます

「南三陸バレーボールスポーツ少年団」は、20年も歴史のあるスポーツ団で、伊里前小学校と志津川小学校の児童13名が所属しているそうです。

年間に10数回の大会にも出場している歴史あるスポーツ団で、今も、週に2回くらいのペースで体育館で練習を重ねています。

 

伊里前小学校と志津川小学校の児童ですので、もちろん、彼女達も被災しています。

ユニフォームやシューズも流されましたが、それでも、一生懸命練習をしている子ども達です。

そんな子ども達に、全員お揃いのユニフォームをプレゼントするために
多くの方々の寄付・ご賛同を募っています。

 

現在、89,000円の寄付が集まりました。
まだまだ、子ども達のユニフォームが揃うまでの
目標額には達しておりません。

1口 ¥1,000。
お一人様、最大5口 ¥5,000までとし、
できるだけ多くの応援団を募るそうです。

ぜひ、ご協力お願いいたします!



昨年は震災という大きな苦難が日本を襲いました。

でも、できることからコツコツと、
少しずつ進む復興の足がかりとして
子ども達の笑顔を増やして行きたいと思います。

 

これが実現できれば

きっと、子ども達は、
真新しいユニフォームを着ながら、
ボールを追いかける事でしょう。

それが、あふれる子ども達の笑顔になり、
明るい未来の日本を作ってくれる事と思います。

是非、ご寄付のご賛同をお願い申し上げます。

ご支援の方法はこちらより、ご確認ください。