癒し系男子 おのくん 〜東松島で生まれたソックモンキー〜




今日、私のところに、奥松島から“おのくん”がやってきました。

おのくんとは、癒し系男子。

プクプクしたボディとしなやかなフォルム。

テーブルに座らせると、その存在感たるや、今日きたばかりとは思えない存在感を放ちます。

おのくんは、3.11の東日本大震災で被災した、宮城県東松島市の「小野駅前応急仮設住宅」の方々がつくる手作りのお人形です。

東松島市も、3.11では甚大な被害をうけたエリアです。

かつて、この地域に住んでいた方々が、奥松島の復興を願って生まれたソックモンキーです。

この“おのくん”の口癖は、「めんどくしぇ」。

「めんどくしぇ」とつぶやきながらも、新しい未来を自分たちの手で築いていこう!という願いと想いが込められています。

 

この“おのくん”は、カラフルなソックス生地のようなものでできています。
このお人形は、米国の炭鉱町に住む裕福とは言えない老夫婦と暮らす孫娘の為に、おばあさんがクリスマスのプレゼントに、炭鉱で働く夫の靴下から可愛い孫娘のために心をこめて作った「ソックスモンキー」がモデルになっているそうです。

なので、手触りがとても心地よいのです。

靴下なので、いつも手に触れたりして馴染みのある触り心地。

フワフワした生地でつくられたこの“おのくん”なんかは、触っていると本当に癒されます。



DSC_00052

 

あともう一つの魅力は、ボディです。

手足がひょろっとしているので、長い手足を色々な形にして、デスクの上に乗せてみたり、椅子の上に座らせてみたりすると、なんだか生きたお人形みたいな気がしてきます。

クルクル動く黒目は、とてもひょうきんで、まさにゆるキャラ。

見ているととても癒やされます。

 

DSC_0005
ちびおのくん

 

ひと目で気に入ったので、もっと沢山の“おのくん”が欲しくなりました!

この“おのくん”は、SNSでお知り合いになった、堀江さんにいただいたものです。

堀江さんは、東京のある会社の社長さんですが、今回、東松島市でも会社を立ち上げ活動しているそうです。

私は、堀江さんの活動を応援していきたいと思います!堀江さん、ありがとうございます!

●FACEBOOK

https://www.facebook.com/onokunpages

●webサイト

http://socialimagine.wix.com/onokun

●ブログ

http://onoekimae.exblog.jp/

1479324_591797547554873_129530598_n



(2018年4月8日 加筆)

横浜、大岡川桜まつりで、また1体『おのくん』を買いました。これで3体の里親になりました。