おつかれさまでした!南三陸町歌津 あおぞら食堂。




南三陸町歌津のあおぞら食堂さんの醤油ラーメン。

魚のアラでダシをとったスープは、全く臭みがなく、アッサリした中にも、
コクの際立つさっぱりスープ。
喜多方ラーメンよりもちょっと細めのちぢれ平麺は、スープによくからみ、
柔らかくとろけるチャーシューとネギ、肉厚ワカメ。

地元の海産物をふんだんに使った南三陸町 歌津のラーメン。

 

 

南三陸町の歌津にあるトレーラーハウスのラーメン店 あおぞら食堂は
震災後の炊き出しから始まったラーメン屋さんでした。

 

全国のラーメン屋さんの支援のもと活動しているラーメン店(一般社団法人化)で、
主に、ラーメン凪、五福星、七彩が中心で運営していました。
ラーメンの価格は、地元以外の方の一般価格と地元の方の地元価格で分かれ
地元の方には半額近い価格で、一般の方には正規の価格で提供していました。

 

 

店内に入ると、壁一面にはってあるマインドマップ。

「外部から人を呼ぶ」

「地域にお金をまわす」

「昨日より今日を示してみる」



3.11の津波で甚大な被害をうけた歌津で
ラーメンを通じて、地元に利益を還元するために
これまで、丁寧においしいラーメンを作り続けてこられました。

 

 

その、歌津あおぞら食堂は、
2012年11月20日、本日で営業が終了します。

 

被災された地元の方々の近くで、長く営業され、

本日、最終日を迎えました。

 

本当にお疲れ様でした。

これまで、色んな事があったことでしょう。

私なんかには想像もつかないご苦労も沢山あったことでしょう。

被災された地元の方々と共に、20ヶ月を歩んでこられた
あおぞら食堂さんに、心からお疲れ様を言いたいと思います。

 

こうして、南三陸町 歌津の風景も少しずつ変わっていくのですね。

あおぞら食堂のみなさん、本当にお疲れ様でした!