Facebookのフレンドガイドライン


FacebookがTwitterと大きく異なる点2つ。

・実名利用を推進していること
・プライバシー設定が細かく設定できること

私はTwitterのように、フレンドさんを気軽に増やす使い方はしていません。

ただ、そうはいっても、フレンドの幅が狭いのもつまらないし、色んな方とのコミュニケーションを深めてみたい気持ちもあるので、リアルなお友達では無い方も承認しています。
その時の、自分なりのガイドラインが下記の通りです。



【フレンド申請・承認のガイドライン】
(1)実名である
(2)はっきり分かる顔写真をアイコンにされている
(3)ご職業(所属)が分かる
(4)ご自身のウォールに定期的な投稿がある(ウォールを公開している方のみ)
(5)すでにフレンドになっている方の投稿(facebookページ)で会話したことがある

上記の4点を基準にして、
自分から申請、もしくはリクエストに承認することを決めています。

私のFbアカウントは、外部から検索できないようになっていますので、
基本的にアカウントをお教えしないと見つけにくい状況です。

Twitterなどよりも、より自分のプライバシーに密着した深い情報の発信や、
フレンドさんとのコミニュケーションを深めようと考えているところです。