喜びの値段




嬉しいとか、楽しいとか、自分の喜びの感情には、

自分で、どれくらいの値段を付けているんだろう?

例えば、

高価な宝石を購入したとする。
 
高価な宝石を買えたという高揚感。
それをつけた時の優越感やおしゃれを楽しむワクワク感。
そんな気持ちを一定期間味わうことができる。

そんな自分をイメージして、高価な宝石に投資する。

『その価格を支払っても味わいたい!』と思うのだから、
それらが喜びの値段なのかも知れない。

ただ、何かを買ったりすることにより得られる喜びは、
一過性のものでしかないような気がする。

手に入れた瞬間は、気持ちも高揚するし、
幸せいっぱいな気持ちに包まれる。
しかし、物はいつしか古くなったり、飽きていき、見慣れたりする。

だから、喜びの値段は、歳月とともに極端に高くなっていくことはない。

その反面で、知的好奇心は違う。

芸術的なものを理解することができたり、
哲学的視点で物事をみることができたりすることは、

目に見えて物として存在はしないけれど
自分の中で、どんどん膨らんでいくものだ。

そしていつしか、これらが
自然と自分の立ち振る舞いになり、言動になり、
しだいに、「自分らしさ」そのものになっていく。

時間をかけて、ゆっくりゆっくり育つものかも知れないが
その喜びはどんどん大きくなるため、
喜びの値段は高くなっていくのである。

思考を鍛え、脳を鍛えると、どんどんその人は輝き始める。
瞳がキラキラして、人から尊敬され、人に愛されていく。

喜びの値段は、自分のあずかり知らない所でも
高く、高くなっていくと思うのだ。

ファッションや化粧や、持ち物にこだわり、
外見を美しく着飾ることは、男女問わず重要だ。
理想の相手をひきつけ、将来、自分が幸せになるための

パートナーと知り合うためには、まずは外見を磨かなければならない。

しかし、外見というのは、取り外しするものだ。

洋服も化粧も持ち物も、全て身につけたまま寝ることはできない。
24時間、365日、常にキラキラしていることは容易ではない。
だからこそ、持ち物は必要なものだけを購入し、
長く大切に使う方が、いろんな意味で有意義だと思う。

何も身につけない、素顔の状態で
どれくらいの輝きを放つことが出来るかが、
最終的には重要になるような気がする。

そう考えると、知的好奇心を働かせ、豊かな思考を育むことこそが
最も、喜び深いく値段の高いものかも知れないな。

喜びの値段。

いつも、本当に価値の高いものを欲しがる自分でいたいと思う。