三十三間堂(京都市)のご朱印




【ご朱印】三十三間堂(京都市)

京都のお寺の中でも特に好きなお寺は、詩仙堂、常寂光寺、そして三十三間堂。東映太秦映画村の後に、三十三間堂をお詣りしました。

正式名は、蓮華王院。南北にのびるお堂内陣の柱間が33もあるという建築的な特徴により三十三間堂と呼ばれるとともに、「三十三」という数は、観音菩薩の変化身三十三身にもとづく数を表しているそうです。

後白河上皇が、当時、権勢を誇った平清盛の資財協力によって創建したもの。

前後10列の階段状の壇上に整然と並ぶ等身大の1000体の観音立像は圧巻です!
京都でも、大好きなお寺の一つです。

堂内は、ほとんど撮影が禁止なので、ご朱印だけアップします。