アップルコンピューターの美学




今日は、歯科用顕微鏡の第一人者である
三橋 純 先生のクリニックにお邪魔しました。

CTや新しい診療ユニットを入れたので
それの撮影とWEBサイトの打ち合わせでした。

早速、あたらしいユニットを見せてもらうと
そのデザインの美しさに驚きました。

これまで、いろんなユニットをみてきましたが
とにかく、一つ一つのディテールの美しさに引き込まれるものがあります。

聞くと、これはアップルコンピューターのデザインだそうです。

そうだ。
あのMacやiPod、iPadのディテールの美しさです。

全体のデザインはもちろん、診療時の手技にも
ストレスフリーな仕様になっていて
すばらしい設計だと先生がおっしゃっていました。

なによりも佇まいが素晴らしいのです。

コードの一つ一つ、素材の一つ一つ、
何気ないマークやカーブのデザインも優れています。

アップルって、こういうデザインの世界を持っているんです。
「アップルのデザインだよ」と聞かされなくても、
一瞬みただけで、引きつける存在感を持っているのです。

コンピューターと歯科用ユニットは
かけはなれたジャンルなのに
デザインそのものに引き込まれてしまいます。



これが、「アップルの美学」なんだと改めて実感しました。