真っ白な画用紙




ブログの使い方はひとそれぞれだ。

日記のように使う人も入れば、
ビジネス記事用に使う人もいる。

私も、いくつかのブログを引っ越ししながら
かなり長い間、ブログを書いて来た。

もちろん、毎日かかさず書いて来た訳でもないし
とても多くの人々に読まれている訳でもない。

でも、自分自身の事をたわいなく
書き綴る事のできるものがあるというのは悪くない。
ブログに自分の事を書くという行為は、

真っ白で大きな大きな画用紙に、
真新しいクレヨンで、
汚れる事も気にせず
がしがし落書きをしている気分だ。

クレヨンが折れたって気にしない。
画用紙からはみ出たって気にしない。

そんな爽快感に似ている。

書き上げた文章を読み返し、
何度か文字を足したり引いたりしているうちに
ますます、考えがまとまったりもする。

自分のキモチなんて、
本当は、いつもぐちゃぐちゃに並んでいる。

それを1日の終わりに、整理整頓しながら
今日を終える。

だから、真っ白な画用紙に、
ぐちゃぐちゃなキモチを並べて明日に引きずらない。

私にとってブログは、
真っ白な画用紙だ。