足摺岬と灯台





足摺岬は太平洋に突き出る四国最南端の地。

足摺岬の灯台は、大正3年に建造。

現在も足摺沖を通る船舶の安全を見守っている。

灯台の燈光度が220万カンデラあり、日本一の燈光度と言われている。

岬と灯台とブルーの海のコントラストが最高に美しかった。

(足摺岬 @高知県)