言葉をよむ




かれこれ、ブログを書き始めて長い年月が過ぎた。

 

もともと、ブログを始めたキッカケは(個人の情報発信ではなく)仕事の延長であり、少しフォーマルな使い方をしてきたので、投稿する記事の内容も、あまりカジュアルなものはなかったように思う。実際、私のブログを見ていただきお仕事になったケースも多くあるし、私にとっての自分のブログは、貴重なセルフプロモーションツールの一つであることに変わりはない。

 

ただ、昔は、時事(その時その時の社会の出来事)への個人的な感想や意見を、言葉を選びながらも積極的に述べていたし投稿していた気がする。しかし最近は、そういう個人としての意見をブログに書くことは、自然となくなったように思う。

 

その理由の一つにソーシャルメディアの普及がある。
さらに言えば、その理由も以下の2つの理由に分けられるように感じている。

 

まず一番に、その時々の時事への自分の意見とか感想は、SNSの投稿の方が早いし、気軽に投稿できる。長い文章にしなくても、思ったまま、感じたままを気軽に投稿できるため、それで完結してしまうようだ。そうなると、あえて長い文章にする気持ちにならないし、改めてPCに向かいブログを書こうとした頃には、自分の中の気持ちもクールダウンしてしまうため、なかなか筆がのらないということになる。(笑)

 

そして次の理由に、SNSを通して、言葉を読まれることの恐ろしさみたいなものも感じている事がある。

 

日々、SNSを見ていると、多くの記事がシェアされ回ってくる。みんなが賞賛する記事もあれば、その逆もしかり。ワーッと盛り上がって、ワーッとシェアされる。もちろん、激しくシェアされる記事を書く人はそれなりの論客だったりブロガーだったりプロの物書きであることがほとんどだ。でも、そんな中に、普通の一般素人の記事が巻き込まれ、周知の目にさらされる事も少なくない現実も沢山見てきた。(もちろん、私自身も記事をシェアしているユーザの1人である。だからこそ、起こっている事の意味がよく分かる。)

こんな、独特のネットの光景をみていると、ちょっとだけ恐ろしくなる。
恐ろしくなるというのは、さらしものにされるのが嫌なのではなく、大きく誤解されたり、正しく理解されないままに、炎上という荒波の中にもまれてしまう事が嫌なのだ。

 

昔はそんなこともなかった。

 

個人のブログであろうが会社のブログであろうが、細々と言いたいことを書いて公開していても、公開コメントを受け付けなければ、さほどネガティブなレスポンスなど目にはしなかった。万が一、自分の記事に嫌悪感を抱いた人がいたとしても、そのユーザーが心の中でひっそりつぶやくか、近くの人に口コミするぐらいだったろう。(笑)でも今は、公開コメントを拒否していても、世間を驚かすような記事はSNSで回るし、しまいには、マスメディアがSNSで盛り上がっているネタをテレビや新聞、ネットニュースで配信してしまう。しかも、SNSの回り方は既存メディアよりも早いため、マスメディアが放送する頃には、すっかり回りきって収束された頃になるといった状況にまでになっている。

 

ずいぶん、変化したなぁと思う。

 

いや、別に、これが悪いと言いたい訳ではない。

 

情報の拡散は、重要な情報であればあるほどありがたいし、マスメディアからは手に入らない情報も手に入るため、メリットも多いのだから完全否定することはできない。

 

ただ、最近、特に”言葉の読み方”というものは、本当に難しいことを思い知らされているということを書きたいのだ。言葉とは、使う側も読む側も、それなりの能力が必要、ということだ。だから、どんなに気を配って書いても、受け手側がへんに受け取ったら炎上するし、全く気配りなしに悪気なく書いても炎上してしまう。静止している言葉の中には、表情がないからだ。

 

日常の会話では、言葉だけを聞くのではなく、表情やイントネーションもセットで受け手側に届くし、そんな会話の中で相手がへんにうけとっているようであれば、とっさに訂正することができる。

(加えて言うならば、私はSNSでは議論はしない派だ。もちろん、相手の事をよく知る知り合いなら問題ないが、あまり面識の無い人、全く知らない人とは議論のようなものもしないし、反論もしない。だから、自分が感じが悪いと受け取った相手は問答無用ですぐブロックするようにしている。知らない相手と文字だけで論議して、上手くコミュニケーションできるとは思えないからだ。)

 

でもブログ記事は違う。
その場で反論もできないし、こまかな説明もできないままに、無抵抗のまま騒ぎの中にほおりなげこまれてしまうのだ。
さらにいえば、こういうリスクを避けるために、どんどんブログの文章は当たり障りのないつまらない文章になってしまいそうだし、なんだかそれはそれで面白く無いなぁとも感じてしまう。



まぁ、でも、これも言論の自由のひとつだし、発信する側も自己責任で書いていくしかないのだろうから、この議論の着地点はない。

 

ただ、これだけの情報過多の時代、何に反応し、何を取り入れるかという選択を日々迫られていることは間違いない。自分と同じ意見だけに接していても偏るし、自分と異なる意見に頭ごなしに拒否反応を起こすのも危うい。

言葉を読むには、読み手側にもそれなりの力が必要だということを前提に、冷静に、そして自分の思考の幅を広げるための情報収集にしていきたいと思う昨今である。