サクラ





桜は5部咲きや7部咲きでは、強い風が吹いても散らない。

受粉しないうちは強風でも大雨でも散らない。

でも、散り際は桜吹雪となり美しく散って行く。

ふと、梅は梅吹雪がないのはなぜだろう?と思った。
日本語では、桜は「散る」、梅は「こぼれる」と表現され、梅は梅吹雪になって散り際を飾る事はない。

花びらのまま、枯れる姿を見せずに、桜吹雪になって散って行く桜。

年を重ねて、円熟に向かう人間と同じ。役割を終え、円熟に達した時に、豊かな人間となり静かにこの世界から去って行く、人の人生と同じ。桜を見上げながら、そんな事を思った。

山梨県甲府市 舞鶴城公園のサクラ

 


大きな地図で見る