自己紹介をする




最近、自分の事や自分の活動を人に知らせる時、
ソーシャルメディアアカウントを用いて伝える事が多くなった。

そう感じるのは、実に多くの
ソーシャルメディアを使ってしまうようになったからだろう。

しかし、それほど、ソーシャルメディアという媒体は
自分の事を伝えるのに都合が良い。

例えば、仕事の事を伝えるには、
仕事用のFacebookページ。

被災地支援の活動を伝えるには、
被災地支援用のFacebookページ。

自分自身のパーソナリティを伝えるには、
個人のFacebookアカウントやTwitter。

それらをすべてまとめて名刺代わりの自己紹介をするには
ブログの「自己紹介」。

などなど。

自分自身の事をよりリアルに伝えるためは
日々更新しているソーシャルメディアが都合が良いのだ。

数年前、ブログしか使っていなかった頃は
ブログに、せっせとビジネス用の記事を書いていた。
でも、長文を読んでもらわなければならず、
必ずしも、自分自身の事を的確に伝えられているか?
というのは未知数だった。

でも、ソーシャルはちょっと違う。

Twitterなら、わずか140文字。
Facebookは長文が書けるが、ブログの程の長文は滅多に投稿しない。
だから、見る側は、見やすいし、読みやすい。

その分、投稿回数を多くする事で、
長文のブログと同じくらいの情報を伝える事ができる。

じっくり腰を据えて書くブログとは異なり
若干、カジュアルに書けるから投稿の障壁が低い。

単体で投稿された記事が束になると
まるで、Webサイトのような存在感を醸し出す事ができる。

もちろん、正確な存在を伝えるためには、
オフィシャルなWebサイトは必要だ。
その事は変わりない。

しかし、自分自身の幅広い活動を伝えるには、
複数のソーシャルメディアを束にして伝える事が
非常に効率がよく、便利だということも一理ある。

しかし、いずれにせよ、地道な継続性は必要だ。

コツコツと定期的に投稿することが
何もよりも重要であるが、その積み重ねた時分発の情報は
自分自身を伝える、大きな財産になると考え
運用することが良いのだろう。

きっと、ビジネスへの応用のみならず、
同じ志を持った人たちとつながり、
新しい事を始めるコミュニティづくりにも使えるだろう。

大事なのは、地道に継続してソーシャルメディアを使う事。
それを継続する事で、いろんな事が開けるように感じている。



《私のソーシャルメディア》

●オフィシャルブログ
http://yokogoto.blogspot.com/
●デザインブログ
http://yoko-goto.tumblr.com/
●Facebook(個人)
http://facebook.com/yoko.gotoh
●Twitter
http://twitter.com/nb_yoko
●Google+ページ
http://gplus.to/yokogoto
●ビジネス用 Facebookページ 〜印刷・デザインの豆知識〜
http://www.facebook.com/DesignGuide

《被災地支援ソーシャルメディアとwebサイト》

●Facebookページ 〜TOKYO FUNNY PEOPLE〜
https://www.facebook.com/TOKYO.FUNNY.PEOPLE
●Facebookページ 〜南三陸町 ホタテキャンドル〜
https://www.facebook.com/hotatecandle
●南三陸町 ホタテキャンドル 購入サイト
http://www.seepa.jp/u/hotatecandle/
http://www.seepa.jp/u/hotateshop/
●Google+ページ 〜南三陸町 ホタテキャンドル〜
https://plus.google.com/b/117012878133703613065/