杉の癒し・羽黒山もうで


先日、山形県の羽黒山を訪れた時のエッセイです。

羽黒山山門あたり

山形県には出羽三山という3つの山があります。

月山・羽黒山・湯殿山の3つの山の山頂には
それぞれ神社があり、
総称して出羽三山神社と呼ばれます。
そのうち羽黒山の標高は414m。
参道には国宝五重塔があり、
2,446段の石段と杉並木が続きます。
私は、山形県で生まれ育ったので、
子供の頃から羽黒山は身近な山でしたが、
山頂まで登った事がなかったので
今回、初めて登ってみました。

山門をくぐりほどよく歩くと
すぐ五重塔が見えてきます。

古い木造の五重塔は、苔むした石段と
まっすぐに伸びる杉の木の隙間に堂々とそびえ立ちます。

五重塔
しかし、この五重塔の先が問題です。
ここから急な石段が果てしなく続きます。
石段は、決して歩きやすいようには出来ていません。
石段
石段
通常の階段とは異なり、歩幅が狭く歩きにくい石段です。
石段自体もボコボコしていて、はき慣れたスニーカーでも
簡単に登る事はできません。
でも、そんな荒削りな石段だからこそ、
碧く光るコケや、緑にけむる杉林に自然に馴染みます。
羽黒山参道石段
コケに覆われる杉林
延々と続く2,446段は、一気に登る事はできません。
時々休んだり、ジグザクに歩いてみたり。
足を止めるたびに、杉の香りをいっぱいに吸い込みます。
音もなく静かな参道には、とても神聖な空気が流れています。
行き交う人々とは「こんにちは」と挨拶をしたり
「もうちょっとですよ」と励まし合いながら、
歩きにくい石段を登っていきます。
碧く光るコケ
私は、音の少ない世界が好きです。
木の葉のカサカサとふれあう音や
名前も知らない鳥のさえずり、
風だけを感じられる音の少ない世界にいると、
本当に必要なものって、
そんなに沢山は無いんだろう….と思います。
にぎやかな都会には無いものが、
この音も何も無い世界にあるような気がします。
片道1時間くらいの参道には、
コンビニの灯りも自動販売機もありません。
エレベーターもエスカレーターもロープウエーもありません。
途中まで登ると、「登るんじゃなかった」と
後悔してしまいそうなくらい急な石段です。
石段が登る人を試しているかのように感じます。
延々と登り続け、もうそろそろ、足も限界に来た頃に
ようやく山頂の神社に到着しました。
羽黒山神社
青空の中で、真っ赤に紅葉した紅葉が1本、
羽黒山詣でを祝福してくれました。
羽黒山山頂の紅葉

最近の神社や参道は、とかくキレイに整備され

観光客向けにお店も沢山立ち並びます。
羽黒山は、そんなことは一切無く、
登る人に容赦なく試練を与えます。
装飾されず、昔のまんまの自然な山。
杉には不思議な癒しがあります。
まっすぐ伸びる杉に癒されながら、
音の少ない世界を楽しんだ一時でした。