お肌を整える大事なビタミンたちに挑め!




日々、なんとなく使っている化粧品。
自分の肌に、なんとなく合ってるから。
という理由で使っているが、
その化粧品の成分などは、
正直、よく分かっていなかった。
今日は、ドクターズコスメのメーカーさんに取材に行き、
化粧品の成分について、十分レクチャーを受けてきた。
知っての通り、人間の肌は加齢と共に年老いていく。



10代の肌と30代の肌は全く異なり、
若い頃は細やかなスキンケアをしなくても
ハリやシワ、シミなどは気にならなかったのに
いつの間にか、スキンケアを惜しまなくなっていく。
これらを補うものとして、女性は基礎化粧品をこだわる。
できるだけ自分の肌にあっているのはもちろんのこと、
エイジングケアやコストパフォーマンスに優れた製品を
あちらこちらと浮気をしながら乗り換えるのも、女性特有かも知れない。(笑)
今日は、化粧品の成分について、
主に「ビタミン誘導体」について教えてもらった。
お肌のエイジングケアに必要なのは
ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEのこの3つ。
これさえあれば大丈夫、というくらいの強い味方らしい。
ビタミンEとは、お肌の老化の大敵「活性酸素」を抑制する働きを持つ。
また、炎症を抑える働きもあるため、ニキビや吹き出物にも良い。
ビタミンCとは、メラニンを薄くする働きをもつ。
メラニンとは、つまりシミ。



人の肌は、紫外線にあたると日焼けする。
これは、細胞の核が壊れないように守る正常な防御作用。
しかし、メラニンはお肌を黒くしたりする作用があり、
通常は、お肌のターンオーバーで徐々に白くなっていくが、
加齢によりターンオーバーがうまくいかなくなると、
シミになってしまう。
これがシミの仕組み。
ビタミンCは、この色素沈着を薄くする作用があるビタミンだ。
通常、ビタミンCは口から摂るのが最も良い。
しかしながら、皮膚は一番外側の臓器と言われ、
経口から摂ったビタミンCが、肌にまで届かない場合もある。
だから、皮膚から摂る方が効果的なのだ。
でも、ビタミンCは、非常に壊れやすい性質をもつ。
よって、扱いにくいビタミンであるが、
日本は、このビタミンCの開発は世界でもトップクラスだそうだ。
そして最後に、ビタミンA
ビタミンAは細胞の活性化に関係するビタミン。
お肌にとっては、最も重要なビタミンだ。
ビタミンAは食事から取り込むことができるが、
摂りすぎると様々な影響がでる。
肝臓に負担がかかったり、



妊娠中は胎児に影響を与えてしまったりする。
なので、皮膚に直接塗るのが最も安全だそうだ。
こんな風に、お肌をリカバーしてくれる
ビタミンA、C、E 様たち。
本日、取材したこのドクターズコスメには、
化粧品、エッセンス、クリークにそれぞれ入っているそうだ。
そういえば、最後にこんな質問をしてみた。
「ビタミンA、C、Eが一本に入っていればいいのではないですか?
 化粧水、エッセンス、クリームを分けなくてもいいのでは?」
そうしたら、メーカーの社長さん。
「そうなんです。実はオールインワンで1本に入れてもいいんです。
 昔は、オールインワンだったんですが、
 ユーザーさんに、“いっぱい重ねた方が肌にいい気がする”、
 という反響があって、あえて化粧水、エッセンス、クリームと
 3種類に分けたんですよ。」
 
 
なるほど……、



消費者は、こんなにもわがままにモノを買う生き物なのだ。(笑)
▼メーカーさんの会社がある表参道は
とってもおしゃれな風景でした。