ディフェンス


ディフェンスが下手なボクサーに一流はいない。守りあっての攻撃なのだ。ボクサーは、リングの上では殴られるのが怖いから殴るのだという。自分を守るすべをもってこそ、一流として闘う事ができるということなのだろう。