抜き身の刀


 

“本当にいい刀はさやに入っているものですよ。

 ”映画「椿三十郎」の中の名台詞。鞘に入っていない刀は、人をも自分をも傷つける。

本当に切れる刀は普段はしっかりと鞘に収まり、必要な時に瞬発的なチカラを発揮する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です