マジョリティ


 

書籍のレビューとか映画のレビューとか音楽のレビューとか。私は、一色単に「とても面白かった」とか「良かった」って言うのはあまり好きではない。それぞれの感じ方とか、嗜好とか、それぞれ異なるわけだから、“どこが良くてどこが良くなかった”って言う方が好き。その方が感性が豊かで正直な気がするから。そういう意味では、マジョリティよりマイノリティの中に、面白さを感じているのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です