野毛大道芸2017 大道芸人の圧倒的なパフォーマンスに感動!


第42回野毛大道芸開催(2017年4月22日・23日)


目次

  1. Performer SYO!
  2. クラウン サクノキ
  3. クラウン ペインター

昨日は、(横浜)野毛エリアで開催されている『野毛大道芸』を観に行ってきました。

野毛大道芸』は、昭和61年から続いている有名な大道芸のイベントで、今年で42回目になります。地元商店街の活性化を目的とされた町おこしイベントで、今では日本三大大道芸の一つとして数えられるほどの、有名な大道芸イベントとなりました。

野毛大道芸 オフィシャルサイト

野毛大道芸』に行くと分かるのですが、イベントの運営スタッフは地元住民がボランティアで行っているそうです。『STAFF』というTシャツを着たスタッフの皆様が、会場のあちらこちらで、忙しそうに動き回っています。

野毛商店街内で行われているので、大道芸パフォーマンスをするエリアは車の侵入を禁止し、路上パフォーマンスできるエリアが確保されています。それほど広いエリアでは無いので、ちょうど野毛商店街を一回りするようにパフォーマーが配置されています。

※最寄り駅は、『桜木町駅』『馬車道駅』『日の出町駅』『関内駅』などです。

マップはこちら

また、パフォーマンスを観ながら、地元の名物の模擬店で食べ歩きできるのも嬉しいです。お祭りのようにテキ屋ではなく、地元のお店のみなので、味も美味しくハズレがありません。

町おこしとしては、非常に面白い試みだと思います。

昨日は、お天気にも恵まれとても気持ちの良い1日でした。全部面白かったのですが、中でも特に良かったパフォーマーさんをご紹介していきます。

Performer SYO!


福富町西公園でパフォーマンスをしていたのが、『Performer SYO!』さん。

主な演目は、 サーカス芸とファイヤーショー、ジャグリングです。2015年にバンコクで行われた大道芸の世界大会で優勝した経験があるそうです。(Siam street fest World Competition The best performer of the year 2015 )

地元横浜出身で、6歳からジャグリングを始めたそうで、火のついたタイマツ5本でジャグリングをしていました。また、エンジンのかかったチェーンソーでのジャグリングとか、ほんとアクロバットというか、危険知らずというか、とにかくパフォーマンスの過激さがピカ一です。これは、絶対観たほうが良いと思います。

また、危険な演技をしながらも、トークがすごく面白い!というのも彼の特徴だと思います。
普通にテレビに出ているお笑い芸人以上に、笑いのセンスがあります。観客との間の取り方とかも絶妙でした。なので、演目と演目の間も、まったく飽きさせないという素晴らしいパフォーマンスを見せてくれます。

大道芸人の多くはフリーランス、つまりは個人経営事業者だと思います。プロデュースをしてくれる事務所に所属し、事務所からお給料をもらうような芸人は多くないでしょうし、多くが『投げ銭』で生計を立てているはずです。

そんな中、観客の集客はもちろんのこと、演目の組み立て、技のつなぎのトーク、演出、音楽の使い方、演目の進行などなど。すべてを1人で仕切りながら、それなりの尺で演目をこなす器用さとかは、本当に素晴らしいと思いました。お客さんを呼べるPerformerです。(ただ、演目が過激なので、ある程度の広い会場が確保できないとダメなんでしょうね)

◎Twitter  @performersyo
◎Webサイト http://performersyo.com/

クラウン サクノキ


都橋近くの『H』ブロックでパフォーマンスしていたのが、クラウンのサクノキさん。セリフなしで表情としぐさだけで笑いをとるコメディアンです。彼は、ほんとうに上手いです!

話さないクラウンですが、とても癒し系で面白い。コメディの質も高く笑わせる演出が上手いです。

特に、オーディエンスの子どもたちとの絡みが最高に面白い。観客の中から無作為に子供を選ぶのですが、選んだ子供がどんな反応をするかはわからないのに、子どもの反応にあわせてアドリブで笑いをとる感じ。

どこまでアドリブなのか、予め予定されているシナリオなのかはわからないのですが、とにかく笑いがおもしろい。

TVドラマにでている役者さんよりも、表情の作り方とか演技も上手いと思いますよ。あまりにも可愛いクラウンだったので、2回も演目を観ました。

◎Twitter @saku_noki
◎アメブロ http://ameblo.jp/saku8749/

クラウン ペインター


とにかく地味に面白いのが、黄色いペンキを塗り、『立っているだけの』ペインターさん。野毛本通りにいます。

『時給』とかかれた缶の中に投げ銭を入れるのですが、投げ銭を入れてくれた人に向かってニヤリと微笑んでくれます。また、なかなか投げ銭を入れない人がいると、目だけで威嚇して『投げ銭を入れろ』と要求します。

つまり、『顔芸』ですね。(笑)

これが地味ーに面白いのです。ペインターの顔を観てるだけで、しばらく観ていられます。とにかく細かい笑いに爆笑です。

◎Twitter @clownrio
◎オフィシャルサイト https://www.clownrio.com/
◎Instagram https://www.instagram.com/clownrio/

 

その他のPerformerさんや、野毛の街や熊本震災復興ブースなどの写真を載せておきます。とても楽しい、野毛大道芸でした。